海外ドラマなに見てる?

海外ドラマのネタバレを含む個人的な感想

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン7最終話(エピソード7)感想~私はサンサに仕えたい

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン7最終話(エピソード7)を見ました

ドラゴンと狼

ドラゴンと狼

 

ネタバレあります

オールスター談合祭

穢れなき軍団(アンサリード)の大群とにらみ合う、ラニスター軍。ブロンとジェイミーが率いている赤い旗印の軍団ですね。

アンサリードがいたのは確かキャスタリーロック…でしたが、ここは一体どこ?

見たところ、アンサリードが城壁の外からザッザッと歩みを進めているようですが…。

この場面、よくわからなかったんですが後の展開から予想するにおそらく「王都の近く」ってことでいいんでしょうか? いつのまにキャスタリーロックから帰ってきてたのグレイワーム…。

デナーリスがサーセイと談合するために来たのは、王都近く? のドラゴンピットという場所らしいです。てか王都なのかな。よくわからないですが。

みんな徒歩できましたが、デナーリスはやっぱりドラゴンで登場。ここは見せつけておかないとね。でも、ドラゴンが二頭に減ってることをサーセイに勘づかれたみたい。

ハウンド達が連れてきた「動く死者」を見せられ「北の王に協力する」と答えるサーセイ。デナーリスのことはスルー。あくまで「小娘」だと思ってる感じを出したいのか、格の違いを見せつけたいのか。

バカ正直なジョン・スノウ

サーセイが北の王と手を結ぶといったのに、北の王であるジョン・スノウは

「二人の女王に忠誠を誓うことはできない。自分の女王はデナーリスだ」

と言ってしまいます。バカ正直すぎる。なんなの。少年なの。

「あ、そう。それなら協力なんてしないです。さよなら」と去っていくサーセイ。

これにはデナーリスはじめとする一同もガッカリです。

「嘘も方便なのに」とティリオンも肩を落とす始末。

ジョン・スノウは「俺は正直にしか生きられない」と悪びれないのもなんだかなー。いままでそれでなんとかなってきたけどさー、人民の命がかかってるときにそれはやらかさないでほしい。

結局ティリオンがサーセイに話をつけにいって、またサーセイが来て、北に加勢することを宣言。サーセイのことなのでまったく信用なりませんが。

「私が無条件で加勢すると言ったことを覚えておいて」と恩をめっちゃ着せてくるのも忘れません。ぬかりない。

シオンのアイデンティティ

大顰蹙をかったジョン・スノウの馬鹿正直さですが、そばで見ていたシオン・グレイジョイには響くものがあったようです。

ドラゴンストーンへ帰ってきたあと、ジョンを呼び止めるシオン。

「俺には選択肢が与えられていたが、選択のしようがなかった。裏切るしか道がなかった。ジョンはいつも正直だった。小さなころから」と自らのコンプレックスを吐露するシオン。幼少期に捕虜(のような、グレイジョイの忠誠の証)としてスターク家で育ったシオン。自分はグレイジョイなのか、スタークなのかわからなくなっていたんですね。

そんなシオンに

「俺たちの父は、お前の一部でもある。俺は俺のできる範囲でお前を許す。お前はグレイジョイであり、スタークだ。選ぶ必要はない」

と言葉をかけるジョン。

こういう優しいところがジョンの魅力だよね。統率者としては甘いところがあるけど、ハートの優しい男です。シオンを救ってくれてありがとう。よかったね、シオン。

開眼したシオンはヤーラをユーロンから救出するために奮起。がんばれシオン。姉ちゃんもきっとわかって許してくれるといいね。

サンサ・レディ・スタークの裁き

リトルフィンガーことベイリッシュ公の策略により、アリアと敵対しているように見えたサンサでしたが、サンサの目は曇っていなかった。

グレートホールにアリアを呼び、

「反逆と裏切りの罪に問われている」とベイリッシュ公を名指し

めっちゃしびれる展開でしたね。まさかアリアを処すのか? と思わせてからの、一突き。いやぁ、まぁ私は姉妹を信じてましたよ。家族が離れ離れになってつらい思いをした彼女たちが、まさか家族同士で敵対することはないでしょうと。

全力で命乞いをするベイリッシュ公。ですが、サンサの横にはブラン改め「三つ目の鴉」がいるのですから、申し開きは不可。事実が手に取るようにわかってしまうんですもの。

判決はサンサ。執行はアリア。

アリアが躊躇なくザクッ!!とやったのがあまりに手際がよすぎ。訓練を重ねただけあります。怖さと驚きで、思わず笑ってしまいました。

お互いの良さや生きかたを認め合うサンサとアリア。美しい姉妹愛。ほかの家系ではなかなか見られない光景なだけに、より尊い関係に思えます。

サンサは立派なレディになりましたね。アリアも強いソルジャーになりました。死者の軍団との戦いで、二人が生き延びてくれるといいなぁ。

ジョン・スノウ出生の真実

シタデルを飛び出したサムがウィンターフェルに到着。ブランと再会。ブランを壁のむこうまで送っていったとき以来、らしいですね。おぼえてないですが…。

ブランが語りだしたのは「ジョン・スノウの出生の真実」について。

ジョンはドーン家で生まれたからスノウ(北部での落とし子)じゃなくジョン・サンド(南部での落とし子)だ、父はレイガー・ターガリエン母はリアナ・スターク

それを聞いて、サムはシタデルで書き写したメイスターの日記を思い出します。

「落とし子ではなく、二人は婚姻関係にあった。レイガー・ターガリエンと当時の妻との婚姻を解消し、リアナ・スタークと婚姻関係を結んだ」という記述。

三つ目の鴉なら見てみて! とブランにビジョンを発動させます。すぐさま当時の映像にたどり着くブラン。アクセスはやい。超優秀。

ブランが見たのはサムが言ったとおりのことで、ジョンはスターク家とターガリエン家の正当な息子でした。

そしてまさに噂されているその時、結ばれようとするデナーリスとジョン・スノウ。えーと、叔母と甥にあたるってことですよね。このふたり…。それにしてもジョン、ターガリエン家の面影なさすぎじゃない? 両親と似ていない黒髪だし。何も知らずに親戚同士で恋に落ちちゃった二人ですけど…。どうなんでしょうね。

終盤ではドラゴンゾンビを乗りこなしたナイトキングが「壁」をものすごい勢いで破壊してしまいました。ついに攻めてくる死者の軍団。

壁に居たトアマンド、めっちゃ高いところから落ちてますけど平気そうでなによりです。ジョンとデナーリス(しつこいようですが甥と叔母コンビ)に知らせないといけませんものね。

 

というわけでシーズン7を全部見終えました。

次はいよいよ最終章、シーズン8です!